Zero-One Blog

サークル:Zero-Oneの制作情報等を発信します!

サークル小話

現在、復旧中なのです。

<4/10 追記>

昨日、ようやくファイルのサルベージ&PCの復旧が終わったので
徐々にダメになってしまったファイルを作りなおしています。
うーん、がんばらねばっ!が、がんばりますぅ!


********** 記事はここから **********


皆様、大変ご無沙汰しております。Zero-Oneです。

ああ、もう4月になったのですね・・・。 (T_T)

例年よりも少し遅れ気味だった桜たちも徐々に咲き始め、
この週末からは満開ラッシュなのだろうなあ・・・。

いつもならこの時期は「桜だ!桜だ!」と大はしゃぎのZero-Oneですが
今年については今のところかなりのトーンダウン気味です。

実はこの10日ほど作品制作に使用しているPCのHDDから
データ復旧に時間を割いているのです。

どういうことかというと・・・

ある晩、Zero-OneがPS4でゲームをしていたところ、
突然、画面が真っ黒に・・・そう、電源が落ちたのです。

あまりの一瞬の出来事に唖然としてしまったわけですが
その瞬間に何やらとても部屋が静かになったわけです。

「・・・・?」

冷静に考えてみると1つのことを思い出しました。

「あ?・・レンダリングしていたハズ・・・」と。

慌ててPCの電源を入れてみたところ、何とかWindowsは
起動してきましたが動作がちょっと不安定。

「ああー、Windowsの再インストールかあ・・・」と
呟いた直後にまた突然PCの電源が落ちたのです。

その瞬間に「うおおー、やべえええ・・・」と
Zero-Oneが叫んだのは言うまでもありません・・・。(泣)

そんな状況に焦っていたZero-Oneの耳に聞こえてきたのが
「ジジッ、ジジッ、ジジッ」という耳慣れない音。

よくよく聞いてみるとそれはPS4やPCの電源ケーブルが
接続されているOAタップから発生している音でした。

ほらよくありませんかコンセントに差し込むところが
90度に曲がるタイプのもの、あれです。

その90度に曲がるところから「ジジッ、ジジッ」の音。
おまけにその部分の中からスパークしているような
火花のようなものが見えました。

そうです。OAタップがダメになっていたみたい。

まあ、OAタップそのものは新しく交換すればいいのですが
問題はレンダリング中だったPC・・・というよりHDD。

その悪い予感は的中でした・・・。

2度ほど急に電源が落ちたせいもあると思いますが
HDDの中が正常に見れない状況(壊れた?)になり、
2度目の「これはやべええ・・・」です。

現在制作中の「虜 TORIKO ~if~」と「Baby Doll RS」は
ともにエンデバー2号機くんで行っているために
そのほとんどのデータが2号機くんに搭載されたHDDに
データがあったのです。

もちろん、HDDのデータはバックアップをとるように
考えているのですがそれはほぼ作品制作が終わった後に
行うことが多く、正直なところ、この2作品については
バックアップしていませんでした。

で・・・

現在、そのHDDからデータをサルベージしながら
他のHDDへ移動させるという復旧を行っているのです。

データをサルベージするのは他の方のPCでやったことがあるので
やり方にはちょっぴり自信があるのですが、他の方のPCから
データをサルベージする時とは違って心に余裕がありません。(泣)

「ああ、これは大丈夫そう・・・」とか

「あー、これはダメそうだなあ・・・」とか、悲喜こもごも。

うーん、一度ダメにしたHDDを使用していくのも恐いので
他のHDDに移動させるわけですがそれ自体も時間がかかり
桜が咲くのを楽しむ暇もなく時間ばかりが過ぎていく今日この頃です。

本当にダメになってしまったファイルはまた作り直すしかなく、
1日1日がんばるしかない状況です。

ただ・・・

皮肉(というか意外)にもエンデバー2号機くん本体やPS4は
大丈夫だったのでそれが救いではありました。
(あ、Windowsは再インストールしますが・・・)

そー言えば、よくよく考えてみると待機状態のPS4の
電源がいつのまにか落ちていることがあったんだよなあ。
あれが今回の警告だったのかもしれません・・・。

というわけで・・・

もう少し余裕が出ましたらブログ記事を更新させていただきますので
しばらくお待ちいただければと思います。

Yui_In_CozyBedRoom_Pose001_Comp
(今回は習作の結衣さん。違うPCだったので無事でした・・・)

皆様、Zero-Oneの分も桜をお楽しみくださいませ・・・。(苦笑)

ではまた。

いまさらながら10年を振り返って。

皆様、こんにちは!Zero-Oneです。 (*´∇`*)

12月も後半戦に突入とあっていよいよ寒さが・・・。
皆様も体調に気をつけてくださいませ!

さて本日は・・・

いまさらながらサークル活動の10年を振り返ってみます。(笑)

Zero-Oneというサークルが産声を上げてから10年以上経ちますが
その間は何だか長いような短いような・・・不思議な年月でした。

Zero-Oneというサークルはお世辞にも立派なサークルとは言えず、
三流サークル(四流?)であると今でも思っています。

ただこんな三流サークルのZero-Oneが10年以上も活動を続けることが
できたのはひとえに作品をご購入いただいている皆様のおかげです!

皆様への感謝の気持ちは文字としてでしか表現することができませんが
いつもながら大変感謝しています。本当にありがとうございます!

活動を始めたころは・・・

若さ(?)と情熱に任せてすごく短い期間で作品をリリースさせて
いただいていましたがここ数年は亀さんのごとくのーんびりです。(苦笑)

もちろん年齢を重ねてきたこともありますがそれ以上に大きかったのは
「虜 TORIKO」と「窓からかすみが見える・・・」シリーズの制作です。

この2作品を制作してみて「あ、これが目指している作品だな・・・」と
素直な気持ちで思えました。

実は「Cry」という作品を制作した辺りから完全な物語形式の作風を
制作していこうと思い、それ以降は「王子の蒼い部屋」や「Swaple Medicine」
など多くの作品を制作させていただきました。

Zero-One作品の中でリリース的に1番良いのは「Swaple Medicine」ですが
この作品は「薬」という言葉的な要素が販売数に大きく寄与しているので
正直なところ販売数で言えばZero-Oneの実力を大きく超えてしまった
作品だと今でも感じています。

でもねー・・・人間ダメなもので。(苦笑)

「Swaple Medicine」の次作品も期待しちゃうわけです。これもイケるかーって。
そんなわけはないんですけどね・・・。(苦笑)

で、そのころから「もっと物語としてきちんと描きたい」と強く思うように
なって徐々に作品として長いものへとなっていきました。ハイ。
(亀さんの誕生ですっ!・・・笑)

また、「Baby Collecter」シリーズのようなノン・アダルトのCG集も
リリースさせていただいたりと結構自由に制作をさせていただいている
のも本当にうれしく思っています。

別にアダルトからの脱却を目指しているわけではないのでご安心ください。(笑)

あくまで各作品のヒロインをいろいろな角度で楽しんでほしいなあという
Zero-Oneの願望(ワガママとも言う・・・笑)ですから・・・。

さてさて・・・

こうして2017年を迎えようとしているわけですが来年はいよいよというか
ようやくというか皆様に大変お待ちいただいている2作品をリリース
させていただきます。

「虜 TORIKO ~if~」と「Baby Doll RS」は皆様に1番ご迷惑をかけた
作品であるとともにZero-Oneにとっても本当に楽しみな作品でもあります。

この2作品以降もさらに活動を続けていって15周年、20周年(?)と
皆様とともに歩んでいきたいと思っています。

最後に・・・

Yui_2016_Orei

皆様、今年も本当にありがとうございました。
これからもぜひぜひよろしくお願いします!

それではまた。

2016年、メリークリスマス!

皆様、2016年、メリークリスマス! (⌒∇⌒)

今年もいよいよこの季節がやってまいりましたっ!

このブログ記事で皆様が少しでも温かい気持ちになっていただけたら
本当にうれしいですぅ。

さてさて、今年のお題は・・・「ちょっぴりHなクリスマス」です。(笑)

まあ、なんていうかおバカなZero-Oneにピッタリなお題ですなあ。(苦笑)

それでは始まり始まり・・・。

<12/22>

Christmas2016_01

今宵は藪上さんとラブラブな熱い聖夜を過ごしたかすみさん・・・。
その後、彼に頼まれて恥ずかしそうにポーズをとります。

そんなかすみさんの姿に藪上さんはまたまた大興奮!
結局、二人はまた熱い夜を過ごすことに・・・。(笑)

<12/23>

Christmas2016_02

美久「拓海、お待たせー・・・」
拓海を楽しませようとちょっとHなコスで登場した美久たん。

でもでも、大きな青いベルで股間が擦られて・・・
美久「あ、あれ?・・・な、何だか気持ちいい・・・」

こうして二人の聖夜は始まるのです・・・。(笑)

<12/24>

Christmas2016_03

里穂「もう・・待ちくたびれちゃった・・・」

聖夜に豪華なチェアへもたれかかる里穂さん。
彼女の視線の先にある男性は、浩樹?それともあの人?

今宵も二人っきりの熱い夜が始まります・・・。

<12/25>

Christmas2016_04

さやか「うーん・・どれにしようかな?・・・」

鏡の前で悩みながら服を選ぶ、さやかちゃん・・・。
今日はクリスマス。下着だって彼好みにしたいです。

恥ずかしそうにしながらも楽しそうな彼女。
もちろん、彼氏はそんな彼女の姿を覗き見します。(笑)


たまにはお勉強もするのだっ!

皆様、こんにちは!Zero-Oneでございますぅ。 (*´∇`*)

いよいよ12月も後半戦に突入とあってだんだんと寒さがー
と思ったらまた暖かくなって・・・。(苦笑)

気温差が激しいですので皆様も体調に十分お気をつけくださいませ!

さて本日のお題は・・・お勉強です。(笑)

Zero-OneのことですのでもちろんCGについてです。ハイ。

自分で言うのもおかしいですがここ最近のZero-One作品のCG
(もちろんムービーも)の作風というか絵作りは結構好きなのです。

自分が理想と思っている「2.5次元」的な感じを出すこともできているし、
3DCGらしい雰囲気もそこそこ残っているし・・・。

いつもバックライトを当ててヒロインの輪郭を引き立てたり、
目にハイライトを入れたりするのは難しいことも多いけど
Zero-Oneとしては自分の好きな絵作りで制作できていると
満足しています。まあ、素人の完全な自己満足ですけど・・・。(笑)

あ、最近のZero-Oneヒロインの特徴でもあるお鼻の一部が
光っているのはバックライトです。ご参考までに。(笑)

ただ、正直なところ、最近のCGのレンダリング手法からすると
Zero-Oneの絵作りって独特と言うか少し古臭いのです。(苦笑)

CGの技術は今でも物凄いスピードで進化していて
2~3年前には考えられなかったようなことが誰でも
手軽に出来るようになってきています。

ことレンダリング手法については本当に進化がすごくて
よく耳にする「フォトリアル」なCGも個人の方でも
バンバン制作されています。

そのために「Zero-Oneの絵作りはこれからもこのままでいいのか?」
という素朴な疑問がわいてきて「どうするぅ?」となるわけです。

で、どうするのかと言うと・・・そう、お勉強ですっ!(笑)

ちなみにこういった絵作りをすぐ始めるというわけでは
ありませんので誤解のないようにお願いしますー。(笑)

それで・・・

最近のレンダリング手法についてお勉強を進めていくわけですが
難しいのは「いかにしてZero-Oneらしさを残すか」という点です。

ほんとにそこが難しい・・・。

Zero-Oneの理想はキャラクターはあくまでも「2.5次元」的で
部屋や風景は「3次元」的なCGなのです。

しかしながら最近のレンダリング手法では「リアルさ」を
とても追い求めているのでZero-Oneの理想を実現するには
自分自身でいろいろと考えるしかない・・・。(苦笑)

そうなるといろいろとお勉強もしなくちゃいけない。

というわけで1つ1つお勉強しながら新しい絵作りも
模索しているZero-Oneなのです。

ちなみに現在の習作のCGが下のもので・・・
(里穂さんと沼岡さんの絡みを使用した結衣さんものです・・・)

Yui_Test_CG001

Yui_Test_CG002

Yui_Test_CG003

Yui_Test_CG004

正直、絵的にはまだまだZero-Oneらしい感じが出ていませんが
これからこれをブラッシュアップしていきたいと思っています。

ところがここでもまた問題が・・・。(笑)

実は上のCG4枚ともレンダリングが終了するまでに
1枚あたり2時間かかっています。

サイズは800x600なのでZero-One作品の通常のムービーファイルの
大きさと全く同じです。これで2時間・・・。(苦笑)

ということは・・・100フレームのムービーなら200時間!
こ、これはとてつもない時間になります。 (T_T)

なので・・・

絵作りだけでなくまだまだZero-Oneの試練は続くのであった。(笑)

でもでも、こういったCG制作は一昔前なら数時間以上とか
平気でかかっていたもんなあ・・・。

うーん・・・

Zero-Oneの新しい絵作りが完成するころにはレンダリングの
スピードが劇的に速くなっていないかなあ。

心待ちしながらお勉強を続けていくことにしよう!(笑)

今日はお勉強もたまにはするZero-Oneの戯言でしたっ!

ではでは。

ムービーファイル作品についてのまとめ。

皆様、Zero-Oneです! (*´∇`*)

ああ、いよいよ11月なのですね・・・。
2016年もあと2ヶ月あまりになってきました。

しっかし、おっさんになってから本当に1年が短いっ!

なぜ若者にはこの悲しい感覚がないのかっ!
Zero-Oneがおっさんだからこそあるのかっ!

と、おっさんのZero-Oneは今日も叫んでいるのでした。(笑)

Yui_08
 (あまり関係の無いCGで申し訳ない・・・苦笑)

さてさて・・・。

前回の記事でムービーファイル作品について書かせていただき、
テストファイルを配布させていただいています。

すでにテストファイルをダウンロードいただいた方、
大変ありがとうございます!まだの方は6日(日)まで
配布していますのでダウンロードをよろしくお願いします。
(本当に消しちゃうぞー・・・笑)

で、Zero-Oneとしてもいろいろと確認しましたが・・・

今回配布させていただいたテストファイルは「H.264/AVC」という
動画データでファイルの拡張子が「mp4」になります。

ただこの「H.264/AVC」は「プロファイル」と「レベル」という
違いで再生ができる・できないが判断されるとわかりました。
(詳しい解説は専門のサイトを見てくださいませ!・・・苦笑)

例えば「レベル:3.1」の場合は映像サイズが最大で1,280×720まで
「レベル:4.1」の場合は最大で2,048×1,024までになります。

ということらしいので単純に考えてもフルHDムービー作品だと
「レベル:4.0以上」が必須のようでした。

さらにこれに「プロファイル」のことが絡んでくるらしいので
あまり深く考えずにWindows Media Playerで再生が可能である
テストファイルの設定値を標準にしようと思っています。

実はこのファイル「Adobe Premiere Pro CC」のデフォルト値を
使用してそのままムービーファイルを制作したものなのです。ハイ。

このように考えていくとZero-Oneが制作するフルHDムービー作品は
Windows PCでの再生が標準で他の機器での再生については
「できるものもあります」程度になりそうな気がします・・・。

まあ、フルHDムービー作品がいつ制作できるのか?という
大きな疑問は一応考えないようにしながらこのような勉強も
たまには必要なのではないかなあと思いました。(フフフフフ・・・)

しっかし、フルHDムービーはレンダリングに時間がかかり
本当に苦行の連続であります。(笑)

おまけにムービーファイルにするにはFlashのActionScriptのように
「ループ回数を指定する」こともできないのでその時間を考えて
制作していかなくちゃいけないし・・・。(苦笑)

ですが制作してみたファイルはやっぱり圧巻ですね。
画面いっぱいの結衣さん、とてもいい感じです!

今回のように皆様からいろいろとご意見やご感想をいただいて
より良いムービーファイル作品を制作していけたらなあと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いします!

まだ見ぬ、Zero-OneのフルHDムービー作品を夢見てっ!(笑)

ではまた!

作品一覧
サークルプロフィール
記事検索
  • RSS
  • Dlsite blog