Zero-One Blog

サークル:Zero-Oneの制作情報等を発信します!

制作便り

大きいことは良いことだ。

皆様、改めまして・・・新年、明けましておめでとうございます!

2018年もどうぞよろしくお願いします。 (*´∇`*)

さて、昨日くらいからお仕事という方も多いのでは?と思いますが
Zero-One自身はまだ年始のお休み中でまだまだ休み気分のままです。(笑)

ただ、今回の年末年始からは父親の透析治療がある関係で
あまり年末年始という感じではなかったです。

今回は幸いにも大晦日、元旦とも透析治療日ではなかったのですが
いずれは元旦に透析治療を行いにいくこともあるのだろうなあ。(苦笑)

さあ、難しいお話はそれくらいにして・・・。(笑)

「虜 TORIKO X」のお話に参りましょう!

TRX_002
(何だかAVのポスターみたいだ・・・笑)

前回と前々回で今作品のムービーの解像度を従来作品の800×600から
1280×720に変更させていただくことをお話しさせていただきました。

この変更は結構大きくてメリットも多いです。例えば・・・

解像度が高くなった分、ムービー内の構図とか取りやすくなりました。

Zero-One作品ではなぜか(笑)ベッドシーンが多いので今作品のように
横長になるとよりヒロインの姿を大きく描写することができます。

こうすることによって今までよりもヒロインの汗ばんだ感じとか
肌の質感とか楽しんでいただけると思います。

Zero-One自身はあまりに肌がテカる質感が好きではないので
びみょーな感じで汗を表現していますがその辺りが皆様へ
わかりやすくお届けできるようになったと思っています。

ですが、デメリットももちろんあって・・・

横長になるとシーンによっては必要のない部分(エリア)まで
描写することもあるので手抜きができません。(苦笑)

横の解像度が800の場合では皆様には見えなかった部分の
部屋の小物とかをワザと省略することもできたのですが
1280になると結構な範囲が描写されることになるので
きちんと部屋の小物とかも配置しないといけません・・・。(笑)

また解像度が高くなるとヒロインの髪とか元々解像度が高い部分を
レンダリングする時間が長くなってムービー制作により多くの
時間がかかるようになります。

まあ、このデメリットについては制作側の問題なので
皆様へ愚痴る話ではありませんが・・・。(苦笑)

でもでも、皆様へ里穂さんなどのヒロインの姿をより大きく
観ていただくことができるのでやっぱりうれしいですぅ。

あ、そういえば・・・

今作品からFlashのムービーではなく、mp4ファイルでとお話しさせて
いただきましたがちょっと問題があって検討中です。

実はexeの実行ファイル内でmp4ファイルのムービーをループさせると
繋ぎ目で一瞬背景色が表示されてしまうのです。パッと。(苦笑)
それとループ時に映像のズレが出てしまうことがあります。

うーん、これが仕様でどうしようもないことなのか確認中ですが
何だかうまくいかないものだなあ・・・。

で、これではとても気持ちが悪いので現在対処を検討中ですが
あまり対処に時間をかける気もないので従来どおりの
Flashムービーでいくかもしれません・・・。
その時にはまたこちらのブログでお知らせしますね!

では、本年もよろしくお願いします!

ではまた。

「虜 TORIKO X」のお話。

こんにちは!Zero-Oneです。 (*´∇`*)

師走もあと少しばかりとなって皆様も仕事やプライベートで
お忙しい毎日を過ごしているのではないでしょうか?

そう言うZero-Oneもどんどん毎日がせわしく過ぎていく生活ですが
大変だった1年が過ぎ去っていくことに安堵している面もあります。(苦笑)

さて、今日は前回の記事でお話しさせていただいた「虜 TORIKO X」の続報です。

前回、今度の「虜 TORIKO X」ではセーブやロード機能を無くすと
お話しさせていただきましたので具体的にその説明をさせていただきます。

下のCGは仮の「虜 TORIKO X」トップ画面です。

Toriko_X_Menu_Sample

この中で「最初からプレイ」と「シーン選択へ」の2点がボタンで
クリックするとそれぞれ次の画面に飛びます。

「最初からプレイ」ボタンはその名のとおりで「虜 TORIKO X」を
ストーリーの最初からプレイすることができます。

このボタンには特にフラグも設けないのでストーリーが最後まで
進んでいく形になります。

注意していただきたいのは今作品ではセーブやロード機能が無いので
ストーリーを途中までプレイしていてもプレイを終了してしまうと
最初からまたプレイすることになります。

そんな時のために「シーン選択へ」ボタンがあります。

こちらのボタンをクリックすると次の「シーン選択」画面に飛びます。

この「シーン選択」画面ではCGパートやHムービーパートが
それぞれボタンで選択できるようになっていて各ボタンを
クリックすると該当するそのシーンがプレイできます。

今のところ、この「シーン選択」画面で選択したシーンは
そのシーンの最後までプレイが進むと再び「シーン選択」画面に
戻ってくるようなフラグを設けています。

ただこのフラグ自体はまだ確定したわけではないので
「虜 TORIKO X」の製品版ではどうなるかわかりません。
もしも変更する場合はまたお知らせしますね!

また、これまでは1度ストーリーを最後までプレイしないと
こういったメニューすら出てこなかったわけですが
今作品では最初から選択が可能になります。

前回の記事でお話しさせていただいたように「取りあえず
Hシーンだけプレイする!」といったような楽しみ方もできます。

ちなみに・・・

Zero-Oneならどっちを選択するかなあ?うーん・・・。
早く里穂さんのHシーンを観たいから「シーン選択へ」かも。(笑)

「最初からプレイ」でも「シーン選択へ」でも皆様が
それぞれの楽しみ方を選択していただければうれしいです。

「虜 TORIKO ~if~」改め「虜 TORIKO X」。

まだまだお話しさせていただきたい内容も多いですが
これからも情報を書かせていただきますので
ぜひぜひ楽しみにしていてくださいませ。

最後に・・・

今年も本当に皆様へご迷惑をおかけした1年でした。

2018年は1つ1つ着実に作品制作を進めていきたいと
思っていますので変わらぬご声援よろしくお願いします。

新年が皆様にとって良き1年となりますように・・・。

今年1年間、本当にありがとうございました!

ではまた。

2017年、メリークリスマス!

皆様、今日はクリスマスイブですな。メリークリスマス! (⌒∇⌒)

早いもので今年もあと1週間ほど・・・。
今日はとっておきの情報をおひとつ。(笑)

大変長らくお待たせいたしております「虜 TORIKO ~if~」。
皆様には本当にご迷惑をおかけしております・・・。

今年は私事で作品制作がなかなか思うように進まずに
時間ばかりが過ぎていってしまっていたので
少し作品を制作してみてはそれが古臭く見えてしまい、
また作り直すといった悪循環でした・・・。

そんなZero-Oneの状況などお構いなく世の中はどんどんと
進んでいるのでいろいろとしんどい1年でした。

で、いろいろと考えた結果、作品のシステムを含めて
全て刷新してしまおうと思いました。

ここで重大発表です!(笑)

今まで作品タイトルを「虜 TORIKO ~if~」としてきましたが
これを「虜 TORIKO X」(トリコ エックス)に改めます。

TRX_000

「X」の意味ですがZero-Oneの10周年、そして「虜 TORIKO」
という作品の「MAX」作品です。

あ、「MAX」にはいろいろな意味が込めてありますが今は内緒です。(笑)

また内容についても「虜 TORIKO ~if~」から継承する部分と
「虜 TORIKO」の続編という部分の2つを融合したものになります。

ですので、今までデモ体験版として皆様にお届けしたオープニングなども
全然違ったものになりますので楽しみにしていてください。

それと・・・

作品サイズですが1280×720という従来作品よりも大きな作品になります。

以下の画像で説明させていただくと・・・

TRX_001

基本的な部分は従来作品どおり、Animate(旧Flash)でパブリッシュした
実行ファイル(拡張子が.exe)です。

Hムービーは画面いっぱいのサイズの1280×720でMP4ファイルになります。
従来はパブリッシュした実行ファイルにヒロインの音声を組み込んでいましたが
今回からはMP4ファイルに組み込みますので標準のWindows Media Playerで
直接再生することもできるようになります。

またセーブ機能は廃止してメニュー画面からいつでもHムービーの再生が
できるようになります。(1度もストーリーをプレイせずに再生できます)

今までストーリーを1度はぜひ楽しんでもらいたいと思っていたので
1度最後までプレイしないとHムービー再生ができませんでしたが
この考えはZero-Oneの意見を皆様に押しつけていただけなのでは?
という反省からそういった感じにしようと思ったわけなのです。

この内容についてはまた続報で詳しくお知らせしますが、ようは
いきなりHムービーだけ楽しむといったプレイも可能になります。

もうひとつ・・・テキストエリアはほぼ自動で進みます。
従来作品にあったクリックして進める「マニュアル」操作は無くしますので
ストーリーを楽しむ際は画面に集中してプレイしてくださいませ!(笑)

最後に・・・

作品自体の完成についてですが来年春を目標にしています。

まだ何月とは言えませんが春にはリリースさせていただきますので
ぜひぜひ楽しみに来年の春をお待ちください。

まだまだお時間をいただく「虜 TORIKO X」ですが皆様に楽しんでいただける
作品に仕上げますのでいろいろと妄想していただいてお待ちくださいね!

それでは今後ともどうぞよろしくお願いします!

あ、そう言えば・・・

現在発売中の「7Days Movie Edition Part1」をご購入いただきました
皆様、本当にありがとうございます!

またご購入を検討されている皆様、本作品をどうぞよろしくお願いします。

「虜 TORIKO X」の続報、年内にもう1回書けるかなあ・・・。(笑)

ではまた!

「7Days Movie Edition」のリリースについて。

※「7Days Movie Edition Part1」がDLsite様で19日、DMM様で20日から
発売が開始されました。ぜひぜひよろしくお願いします!

※7Days Movie Editionの発売を記念して「7Days」シリーズの30%オフ・セールを
12/20(水)~ 1月8日(月)まで開催いたします!興味のある方はよろしくお願いします。


こんにちは!Zero-Oneです。(*´∇`*)

これまた大変ご無沙汰ぶりのブログ記事更新になります・・・。
えっと、12月は初めてかな?(苦笑)

本当はもう少し前に更新する予定だったのですが「師走」と
いうこともあり、こんなZero-Oneでもいろんなことで時間
ばかりが過ぎていくのでこんなに遅い更新となりました。 (T_T)

もうあと少しでクリスマス、そして年末ですがなー、皆の衆。(笑)

さてさて、今日はちょっとお知らせです。

実は近々に新規作品をリリースさせていただきます。

タイトルは「7Days Movie Edition Part1」です!

7Days_MV1_CircleCG

この作品は「7Days」シリーズをムービー作品として
再編集したものになります。

そして「7Days ~if~」と同様に標準のWindows Media Playerで
再生が可能なMP4ファイルになります。

また、本作品では物語(ストーリー)部分はほぼ無く、秋葉さまによる
ショートナレーションのみになります。

気になるHムービー部分については従来作品の解像度の800×600
ピクセルから1280×720に変更してより高解像度のものになっています。
(ただし、ムービーそのものに変更はありません・・・)

実は本作品、かなり以前から制作を行おうと思っていたのですが
なかなか実現できずにいました。

以前のブログ記事でホビボックス様のご提案で「7Days」シリーズの
「ホビコレ」化のお知らせをさせていただきましたが、その際に
本作品の盤化をお願いしようと考えた時期もありました。

ただ、ストーリーが分かりづらい状態の映像作品をリリースするのも
どうかと思う部分もあり、本作品は以前と同様にまずは同人作品として
リリースさせていただこうと考えたわけです。

でもでもです・・・。

新規追加のHムービーも無く、ましてや「虜 TORIKO ~if~」や
「Baby Doll RS」など新規作品をなかなかリリースできない中で
本作品をリリースすることについては少なからず葛藤はありましたが
「2018年」に向けてZero-Oneとしての活動を進めていく1つの
「表れ」として必要かなと感じたのです。ハイ。

それと・・・

実はもう1つ悩んでいることがあって・・・。

それはHムービーの解像度についてです。

Zero-Oneがサークル活動を始めた時はまだPCの性能がそれほど高くなく
800×600のFlashムービーでさえカクカクするものも多かったです。

ところが性能向上は速いもので今ではフルHDの解像度のムービーさえも
問題なく再生できるPCばかりになりました。

皆様がご使用されているPCのディスプレイサイズも高解像度になって
従来の800×600では正直小さく感じていらっしゃると思います。

で、やっぱり800×600では少々キツイかなあ・・・とZero-Oneも
よく考えるようになってきました。

そう考えていくと現状でのベストサイズはいろいろなことを考慮すると
1280×720程度の小さすぎず大きすぎずのものなのではないかという
結論になりました。

まあ、正直なところ、皆様全てのPC環境を把握しているわけではないので
これがベスト!とは言いにくいところなのですけど・・・。(苦笑)

「虜 TORIKO ~if~」や「Baby Doll RS」などの新規作品のサイズに
ついてもまた近々にお話しさせていただきますが800×600よりも大きな
サイズにしていきたいとの願望はあります。ハイ。

最後に・・・

今回のリリースにあわせて「7Days」シリーズの初の割引セール(?)を
12月いっぱい行うつもりですのでご購入を検討していただける方は
ぜひぜひご検討くださいませ!

以前はそのようなことはできなかったのですがDLsite様とDMM様ともに
そういったサービスが可能になったのです。(たしかそのハズ・・・苦笑)

それではリリースが開始されましたらどうぞよろしくお願いします!

ではでは。

そー言えば、戻しました。

朝晩などいよいよ秋らしい感じになってきましたね。
と思ったら、もう9月も終了・・・。

時の流れには逆らえませんが、早すぎるっ!あまりにも早すぎるっ!
と思うのも、Zero-Oneがオヤジだから感じるのでしょうか?(苦笑)

皆様も体調に気をつけて秋の夜長を楽しんでくださいませ。

さてさて・・・

前回のブログ記事で書き忘れてしまったのですが
現在制作中の「虜 TORIKO ~if~」のムービーを
従来通りの作風へ戻しました。

以前ブログ記事で雰囲気を出すためにレンダリングしたCGを
積極的に加工して・・・などと書かせていただいたのですが
よーく考えてみて従来の作品と同じようにレンダリングした
素のままのCGを使ったムービーへ戻します。

TKIFv3_0010
 (前回のブログ記事のCGもそうでしたがクッキリ画像だよーん・・・)

こう考え直した背景はいろいろとあるのですが
まずやっぱりヒロインの里穂さんのHシーンを
きちんと皆様に魅せたいと思ったからです。

シーンの雰囲気を出すためにワザと暗くしたりすると
里穂さんの表情なども暗くなってしまうので
Zero-Oneが目指す絵じゃないなあと。

作品としてはシーンの雰囲気をしっかり出すことは
決して悪いことではないと思っているのですが
そのためにヒロインの絵がクッキリしないのは
Zero-One作品じゃない気がしました。

前からお話しさせていただいているようにZero-Oneが
好きなのは3Dなのだけどアニメ的というかマンガ的
というかリアルっぽい絵作りなので加工をしてしまうと
どうしてもCGを制作した時の想いから少し外れちゃう。

これはZero-Oneではないっ!と思うのです。(笑)

というわけで・・・

いろいろとフラフラとしてしまいましたがZero-Oneの
作風とは何ぞや?という自問に対しての答えがこの
「戻す」という結果となりました。

「虜 TORIKO ~if~」は内容についてもフラフラして
皆様に大変お持ちいただくことになってしまっている中で
Hシーンについてもフラフラしてしまい、またまた申し訳ないっ。(苦笑)

ただこれはZero-Oneの技術がちょっぴりでも進歩した証
でもあるのでぜひぜひご理解くださいませ!

うーん。来月はもっとブログ記事が書けたらいいなあと
思いながら今月最後の記事とします。

それでは皆様、また来月もどうぞよろしくお願いします!

ではでは。

作品一覧
サークルプロフィール
記事検索
  • RSS
  • Dlsite blog