Zero-One Blog

Zero-Oneの作品制作情報等を発信します!

制作便り

リリース時期の変更について。

皆様、こんにちは。Zero-Oneです。 (*´∇`*)

大変ご無沙汰しております。

本日はあまり良いお知らせではないので書くのが苦痛です・・・。

先月のブログ記事でのZero-Oneの動向から何となく気づいていた方も
多いと思いますが今年中の「虜 TORIKO X」のリリースは難しくなりました。
何とか年内にリリースしたいとZero-Oneも思っていたのですが・・・。

作品のリリースを大変楽しみにお待ちいただいている皆様、
本当に申し訳ありません。

TRX_029

現在の制作状況をお話しすると・・・

作品の制作はZero-Oneとしてはかなり順調に行っていて
一部のシーンを除いては完成してきています。

その残りの一部のシーンの制作にまだお時間がいただきたいのと
作品に欠かせない声優様の収録が行われていないのが主な原因です。

とは言うものの、声優様に問題があるということではなくて
声優様へのご依頼がまだ先になってしまうということなのです。

Zero-Oneが作品を完成させて声優様に収録をご依頼し、
声優様が収録を終えて作品へ組み込むことを考えると
年内のリリースはほぼ(というか絶対に)無理だという
結論に至ったためなのです。

まあ、残りの一部の制作にお時間をいただきたいのが1番の理由ですが
それに伴う形で他の作業も含めて作品完成まではまだ時間がかかります。

まずはなるべく早く新デモ体験版をリリースさせていただき、
それと並行する形で作品完成に向けて作業を進めていきたいと思っています。

「虜 TORIKO X」のリリースを大変楽しみにお待ちいただく中で
このようなお話になってしまい申し訳ありません・・・。

来年の早い時期にはリリースさせていただこうと考えていますので
どうか温かいお心でお待ちいただければと思います。

これからもどうぞよろしくお願いします。

ではまた。


「Ci-en」の記事も先日更新させていただきました。
ご興味のある方はどうぞよろしくお願いします。


ムービー再生時のテキスト表示について。

皆様、こんにちは!Zero-Oneです。 (*´∇`*)

久しぶりのブログ記事の更新になりますがその間にも
徐々に秋が深まってもうしばらくすると冬ですね・・・。

今年の冬は暖かいとのことですがどうなりますやら。(苦笑)

さて、本日は「虜 TORIKO X」そして今後のリリース作品における
ムービー再生時のテキスト表示についてお話しさせていただきます。

これまでのZero-One作品はCGパート時と同じように
ムービー再生時もテキスト表示がありました。

ムービー再生時もストーリーの一部という考え方でしたので
Zero-Oneとしてはあえてその形をとっていたわけですが
最近「Movie Edition」作品を制作していくうちにムービー再生時は
シンプルが1番なのではないかと思うようになりました。

そこで「虜 TORIKO X」を含め、今後リリースさせていただく
Zero-One作品ではムービー再生時は従来からのテキスト表示を
無くして時折シンプルなテキストを表示するだけの形で
制作を行っていこうと考えています。

どういうことかと言うと・・・

TRX_028
 (こんな感じです・・・)

情景的なテキスト表示はせずに男のセリフなど心情的というか
Zero-Oneが有る方が良いと感じるテキストだけのシンプルな
構成にしてみようと考えているのです。

具体的にはムービー再生時にはCGパートに表示されていた
テキストエリアは表示されなくなりムービーだけになります。

その中でムービー再生時に時折ある一定の時間テキストが
表示されて消えていくような感じになります。ハイ。

そう考えていくと操作系ボタンも無くなるのでムービー再生時は
ムービー鑑賞のように自動で進んでいくことになります。

うーん・・・そうなると少し考えてしまうのが「あのシーンを
もう1度観たい・・・」と皆様が考えた時にそこから再生することが
困難になりそうという部分でしょうか?(苦笑)

それを解消するのはやっぱりセーブ機能は必要と感じているので
その部分はしっかり制作していかないといけないなあと思っています。

Zero-Oneとしてはいきなりシーン閲覧から始めるモードがあるので
それと併用することで問題はなさそうと感じているのですが
もしご意見がありましたらコメント欄に遠慮なく書いてくださいませ!

まあ、この件についてZero-One自身はあまり重く考えているわけ
ではないのですがユーザーの皆様が「?」と感じるようであれば
最悪(?)従来のテキスト表示に戻すことも考える必要があるし。(苦笑)

こんな風にムービー再生のあたりはムービーの大きさだけではなく
様々な変化がありますのでぜひお楽しみにー!

それではまた。


「Ci-en」の記事も昨日更新させていただきました。
フォロワー限定の記念CGの配布もあるよん。よろしくー!(笑)


CGパートは控えめに。

皆様、ちょっぴりご無沙汰しておりました!Zero-Oneです。 (*´∇`*)

私事で特に変わったことはなかったのですが同人にまつわるお話で
また新しいお話なんかもあってうれしい限りです。

この件についてはまた時期がきましたらお知らせいたしますぅ。

では今回のお題・・・「CGパートは控えめに。」始まり、始まりっ!(笑)

現在制作中の「虜 TORIKO X」ですがCGパートについて
今まで以上に控えめにしています。

もちろん、今までのZero-One作品でもCGパートはそれほど
長くはなかったと思っているのですが「虜 TORIKO X」では
より控えめな内容にしています。

TRX_026

その理由ですがまず最初に上げられるのが今作品が「続編」という
位置づけにあることです。

「虜 TORIKO X」は前作「虜 TORIKO」同様に沼岡の欲望を描く
作品ですのでストーリーとしては単純明快!「里穂を堕とせ!」です。(笑)

2つめの理由としては今作品に皆様が一番期待されているのは
「エッチな里穂さんの姿」であってCGパートでのストーリーは
それほどでもないかなあとZero-Oneが感じていることです。

TRX_027

あ、こんな感じに書くとCGパートやストーリーを軽視しているように
思われる方もいるかもしれませんがそういうことではなくて
なるべくストーリーに関わるCGパートをシンプルにしたいと
思っているからです。

「P.M.10」のようなストーリー部分が多い作品を制作するのも
Zero-Oneは好きですが今作品はその方向性ではないと感じています。

ですので、今作品については各章のCGパート(ストーリー)を
極力少なくして里穂さんのエッチな姿を皆様に楽しんでもらえるよう
制作を進めています。ハイ。

いきなりエッチなシーンだけを楽しむモードの搭載もその1つですね!(笑)

とは言うものの・・・

旅館などの一部のシーンではストーリーがないと困るので
その点などはきちんと描写していきます。

あと、以前のブログで書かせていただいた里穂さんの心情みたいな
部分についてはしっかり制作しているのでご安心くださいませ!

それでは引き続き「虜 TORIKO X」の制作、がんばりますぅ!

ではでは。

<Ci-en情報>

「Ci-en」の記事投稿は明日(11/05)になりそうです。
こちらをお待ちの皆様はあとしばらくお待ちくださいませ!よろしくー!


いろいろなシチュエーションの組み合わせ。

皆様、ご無沙汰しております、Zero-Oneです。 (*´∇`*)

本当ならもう少し前に記事を更新させていただく予定だったのですが
何だかドタバタしておりまして今日となりました。(苦笑)

うーん、やっぱ日曜日は時間がとりやすくていいなあ。
いろいろと用事があっても調整が結構しやすいので・・・。
(もっともぜーんぶ私事なのですけどね・・・苦笑)

さて、今回のお題はエッチシーンのシチュエーションについてです。

よくよく考えてみるとエッチシーンって結構バリエーションに限りがあって
どうしても作品の中で同じバリエーションのものが出てきます。
まあ、これは当然と言えば当然なのですが・・・。
(目的がエッチなので当たり前ですな・・・苦笑)

ただ、ユーザーの皆様からすると同じバリエーションのものが出てくると
ちょっとつまらない感じかもしれません・・・。

そこで大事なのがエッチシーンのシチュエーションとかそこまでに至る
シーンの流れなどではないかなあと常々思っているわけです。ハイ。

今回の「虜 TORIKO X」でもその点を注意して制作を進めています。

まずはこのシーン・・・

TRX_025

前回の記事で掲載した里穂さんのアップと同じシーンなのですが
これは「妖しげなシーン」のようで皆様もドキドキでしょ?(笑)

こういったシーンも「虜 TORIKO X」にはあったり・・・

TRX_023

ちょっと明るめのベッドシーンがあったり・・・

TRX_024

お約束の「おっぱい揉み揉み」エッチシーンがあったりします。(笑)

もちろん、前にもお話しさせていただいた「オフィスシーン」や
「里穂さんの自宅シーン」もあります。

どのシーンも「虜 TORIKO X」なのですがそういったいろいろなシーン、
シチュエーションを皆様に楽しんでいただけるようにと思っています。

ちなみに当初考えていたエッチシーンよりも少し多くなるかもしれません。

それはオープニング部分に関わるところなのですがZero-Oneが
「ぜひ入れたい!」と思ったのでそうさせていただくことにしました。

皆様もぜひぜひ「虜 TORIKO X」のエッチシーンを楽しみにしていてくださいね。

それでは今回はこのへんで。

ではでは。

「Ci-en」の記事も本日(10/21)の夜に投稿予定です。
こちらもぜひぜひお楽しみにー! (⌒∇⌒)


本格的に組み込みも始めましたー。

皆様、ちょっとご無沙汰しておりました。Zero-Oneです。 (⌒∇⌒)

先月から3連休という流れが続いていてどうもぐーたら気味でした。(笑)

今週も明日までお休みという方も多いと思いますが
このところ真夏並みに暑い日が続いていてやっぱり
Zero-Oneはぐーたら気味です。(笑)

と、言っている場合ではないっ!
がんばって「虜 TORIKO X」を完成させねばっ!

というわけで・・・本日の記事をいってみよー!(笑)

さて、現在制作中の「虜 TORIKO X」ですが作品のメインとなる
ファイルに各章を組み込む作業を本格的に始めました!

Zero-One作品は各章を1つずつのファイルにしてそれをメインの
ファイルに読み込む形で制作しているのである程度各章のファイルが
出来上がってくるとその組み込み作業を始めます。

まだ全部の章が出来上がっているわけではないのですが
これらの組み込みはきちんと章を読み込んで再生できるかなど
動作確認も含めて行います。

最近行っているのは第1章と2章です。

ちなみに第1章のオープニングのCGは以下のものです。

TRX_022

これ、テキスト表示エリアにまだ再生ボタンなどもない状態ですが
とりあえずはオートモードでの動作確認用です。

最終的にはマニュアルモードも付ける予定なのでそのモードでの
動作確認はその時に行う形になります。

フフフフ、CGのテキスト・・・何気に意味深なセリフですな。(笑)

実際の作品での動作をまだ皆様にお見せできないのが残念ですが
作品の新体験版でこのシーンをプレイできますのでそれまで
もう少しお待ちくださいませ!

ただねー、この組み込みを始めると困ったこともあって・・・

先ほど動作確認も行うと言いましたがこの動作確認中に
「あ、ここはもう少しCGを入れた方がいいなあ・・・」とか
「何だかヘンだから作り直ししよう!」とかいろいろと
欲が出ちゃうんですね、ウン。(笑)

作り直しをするのはだいたい他の章のクオリティーと比べて
「これはイカン・・・」とZero-Oneが思う時なので
それほど頻度はないですが「もう少し入れた方がいい」と
思うのは結構多いのです。

各章単独でプレイしてみる時に比べると全体的な判断ができる
この組み込み作業はなかなかどうして結構重要な作業ですね。

こんな風に着実に作業は進んでいますのでまずは新体験版の
リリースを目指してがんばりますっ!

ではでは。今回はこのへんで。


「Ci-en」の更新は明日(10/08)の午後くらいになります。
ご興味のある方はこちらもよろしくー!


作品一覧
サークルプロフィール
記事検索
  • RSS
  • Dlsite blog