Zero-One Blog

サークル:Zero-Oneの制作情報等を発信します!

1ユーザーとして。

皆様、こんにちは!Zero-Oneです。 (*´∇`*)

7月に入り、今年も暑い季節がやってまいりました!
これからは熱中症や食中毒などお気をつけくださいませ。

とお話ししていたら・・・早速、台風襲来ですか・・・。
こちらについてもこれからの季節は気をつけたいものですね。

Zero-Oneは父親の透析への送迎タイムに場所取りのレースを
繰り広げています。ライバルは介護施設の方たちの送迎車です。(笑)

さてさて。

今日は3Dにちなむお話を1つ。

Missionary_001

皆様の中には知らない方が多いとは思いますが米国には
3DのエロチックなCGを楽しむ専用サイトがいくつかあります。

その1つにZero-One自身も登録させていただいているのですが
作品の構図とかレンダリング手法とかどちらかというと
エロチックな目的というよりはお勉強するためなのです。(本当ですっ!・・笑)

なので、サークルとしてのZero-Oneではなく1ユーザーとして
もちろん登録させていただいているのです。

で、そのサイトには制作したCGや動画を投稿できるのですが
目的がお勉強なので自分自身で投稿することはありませんでした。

まあ、サイト自体が米国なので結構モロだしグロ系も多いので
「うーん・・自分の作風はちょっと場違いかも・・・」と
遠慮もしていたのはたしかだったのですが・・・。(苦笑)

ただ、最近になって「ちょっと投稿してみようかな?」と思い、
完全な趣味ですがぽちぽちと投稿を始めました。

投稿するCGは基本的にHなシーンになりますが作風はZero-Oneのままなので
皆様なら一見して「あ、これ、Zero-Oneだ!」とわかると思います。

まあ、趣味的なCGを投稿するということでZero-Oneとは
全く異なった作風でも良いのかもしれませんが自分自身が
制作したいと思うCGって結局Zero-Oneの作風なので。(笑)

最初の投稿からまだ3週間ほどしか経っていないので
投稿数も3CGですがこれから少しずつ増えていくと思います。

「海外の方はどんな反応かなあー」などと想像しながらの
Zero-Oneの密かな楽しみの1つです。ハイ。

ぜひ皆様にも観ていただきたいところですが登録制なので
そのサイト様に登録しないと大きなCGとして閲覧することが
できません。残念。(サムネイルのみ閲覧可能です・・・)

あー、ただ、そのギャラリーに投稿されるCGはグロやゲイも多いので
そういったことに拒絶反応のある方は観ない方が良いかもです・・・。
(Zero-Oneも結構苦手だったりするのですが何とかOK・・苦笑)

でもでも。

いろいろな方のいろいろな作風のCGがあるのでZero-Oneとしては
本当に勉強になるサイトなので今後も1ユーザーとして
楽しんでいきたいと思っています。

もちろん、Zero-One作品へ反映できることがあれば反映していき、
少しでも魅力的な作品にできたらいいなあとも思っています。

あ、サイトの名前は「Renderotica」です。

Poserユーザーの方やDAZ STUDIOユーザーの方には有名なサイトですね!

今回の画像はそのサイトへ投稿したCGの1つです。
モザイクがいらないギリギリのアングルのものをチョイスしました。(笑)

そうそう。米国のサイトなのでモザイクは基本ナシですよ。
CG制作で面倒な作業がないのはちょっぴりうれしい・・・。

このサイトへ投稿したCGを皆様へお披露目できる方法が
ないものかと思いつつ・・・(無理だろ、それは・・笑)
今日は1ユーザーとしてのZero-Oneのお話でした!

ではでは。

より雰囲気を出すように。

こんにちは!Zero-Oneです。 (⌒∇⌒)

父親の血液透析のためのシャント手術も無事に終わり、
周りも落ち着いてきたので作品制作を再開しました。

無事に・・・と書かせていただきましたが左手のシャント手術は
流れが思うように良くならず、結局、2度目の右手の方で
OKとなりました・・・。

まあ、これからが大変なのですがまた1つ山を越えた感じですね。(笑)

さてさて。今日は作品制作を続けている「虜 TORIKO ~if~」と
「Baby Doll RS」の画作りの違いを説明させていただきます。

前にもブログ記事で書かせていただきましたが「虜 TORIKO ~if~」は
積極的に「絵作り」を心がけています。

どういうことかと言うと・・・

いろいろな手法を取り入れてより雰囲気を出せるような「絵作り」を
しながら作品制作を進めています。

それはちょっぴり暗いダークな感じだったり、ワザとライティングの
色を変えてみたりと様々です。

TKIFv3_0006
 (里穂さんと沼岡さんとのラブシーン・・・)

TKIFv3_0007
 (里穂さんが抵抗できないようにしながら・・・)

上のCGは本来はもっと明るいライティングのものですが
より淫靡な雰囲気を出したいので暗いシーンになっています。

ただ、部屋を暗くしたいからと言って本物と同じような暗さを
表現してしまうとヒロインが引き立たないのでそこの部分は
ワザと計算して考えています。

3Dは暗いシーンで影を落とすだけでもそれなりに良いものになりますが
Zero-Oneが目指している画とはちょっと違うので・・・。

「虜 TORIKO ~if~」は「虜 TORIKO」の純粋な続編ではないですが
やっぱりこういったイメージの作品だと思っていますので
このようにより雰囲気を出せるよう作品制作を進めています。

これとは逆に「Baby Doll RS」は直球勝負です!
とは言っても、全然さわやか系ではないですけどね。(笑)

ただこちらの作品では基本的にさやかちゃんの学生としての
描写があるのでその点を考慮して制作を進めます。

でもでも・・・考えてみると「Baby Doll RS」の方が寝取られ
要素が大きいので結局はこの作品も淫靡系かなあ・・・。(苦笑)

あ、もちろん、こちらの作品でも「より雰囲気を出す」ことには
心がけますが「絵作り」のアプローチとしては違った作品になります。

決してさわやか系ではないけどあまり実生活からは逸脱していない
そんな微妙な雰囲気を大切にした作品に仕上げていきます。

「虜 TORIKO ~if~」と「Baby Doll RS」・・・

どちらの作品もワンステップごとにきちんと仕上げていきますので
今後ともどうぞよろしくお願いします!

それではまた!


早変わり、というわけではないけれど。

皆様、こんにちは!Zero-Oneです。 (*´∇`*)

今日は前々回のブログ記事でちょこっとお知らせしていた
「結衣さんが里穂さんと沼岡さんに・・・」というお話です。

TKIFv3_0005

以前のブログ記事でも書かせていただいたようにZero-Oneが
作品のムービーを制作する場合、2パターンあります。

1つは作品自体のキャラクターで「作るぞー!」と張り切るパターン。(笑)
もう1つが何気なくムービーシーンを作るパターンです。

以前はほぼ張り切るパターンでムービー制作を進めていたのですが
ここ2、3年はどちらかと言えば「何気なく・・・」のパターンが多いです。

こんな感じに書くと何だか気合いが無い感じに聞こえてしまいますが、
そんなことはまるでなくどちらも気合い入りまくりです。ハイ。(笑)

今日はそんな「何気なく・・・」のパターンについてのお話です!

さてさて・・・

そもそも「何気なく・・・」とはどういった形なのかと言うと・・・

Zero-OneはPCを立ち上げているとよく3Dソフトを起動します。
特に作品制作を進めようとしている時ではない場合もです。

で、何をするかと言うと・・・

作品に今まで登場した、もしくは登場する予定のヒロインを
呼び出していろんなポーズをつけてレンダリングします。

これは完全にZero-Oneの趣味の世界で「おお、このポーズ、セクシーだ!」とか
「これはかなりHな表情だなあ・・・」とか楽しむわけです。

その中でしばらくすると「これでHシーンを作るといいかも・・・」と
思えるものが出てきて「そんじゃ、男性キャラを呼び出して・・・」と
CG制作がエスカレートしていくわけです。

そして、男性キャラにもポーズをつけ、背景のシーンも呼び出して・・・
「何気なく・・・」作り始めたCGが完成します。

まあ、通常でしたらここまでで終了なのですがアニメーションシーンが
大好きなZero-Oneなので「これでHムービーを作ってみる?」と
自問しながら「何気なく・・・」ムービーシーン制作が始まります。

ここまででお分かりのように元々Zero-Oneが呼び出したいと思った
ヒロインでHムービーを制作していくので各作品の世界観などは
全く無視、サイズも無視のムービーとなります。

ですがこれがなかなかグッドで。(笑)

レンダリングもきちんとしてムービーシーンは出来上がりです。

で、逆に・・・

作品制作を進めている中で「ここでバックのシーンが欲しいなあ・・・」と
思った時に「おお、そう言えばあのシーンが・・・」となるわけです。

これが「何気なく・・・」の正体というわけですね!

とここまで読んでいただいた皆様の中にはピンッときた方も
いらっしゃるかもしれませんが・・・

そうです!皆様には未公開のムービーファイルが結構あるのです。

これについては販売するわけにはいかないのでどこかのタイミングで
皆様にご提供させていただけたらなあと考えています・・・。

ただなあ、配付には問題もあるのです。ハイ。

詳しくは書きませんがほら皆様が邪魔だと感じている画像処理が
全くかかっていないファイルが多いのです。(苦笑)

自分自身で確かめたりするファイルにはほぼ画像処理がなく、
皆様へ配付となるとそれをまず行わなくちゃいけないし。
正直なところ、数が多いので結構面倒な作業になるだろうなあ・・・。

というわけで・・・

皆様への配布は期待せずにいてくださると幸せになれると思います。(笑)

こんな感じで作品制作は進んでいきます。

決して手品のように「早変わり」するというお話ではなく、
今日は「何気なく・・・」のお話でした。(笑)

ではまた!

作品一覧
サークルプロフィール
記事検索
  • RSS
  • Dlsite blog